2009年06月29日

失業保険がなくてもやっていける方法

失業保険を計算して給付日数が、残り1ヶ月


それなのに仕事が決まっていない!!


必ず、誰でも焦りまくります。


これから、失業保険の計算をしようとしている人。


危険です。


まだ、3ヵ月あるとか思っていませんか?


未曾有の大不況。仕事なんて簡単に見つかりません。


今から、手に職をつけたらいいんじゃないか!!


そんなもん、間に合いません。


偉そうな事言ってます。


だって・・・私がそうでしたから・・・


そうやって、給付日数が終了しました。


でも、私は確実に収入になる方法を知っています。


今後、


世の中がどう変動しようとも揺らぐことのない方法をです。


しかし、コレ、相当な覚悟のいる方法です。


私の取ったリストラ対策


でも、途中の体験者のところは参考になるとは思いますよ。


ちなみに、私は月に15万円の収入を確保することができました。


あくまで、ご参考までに。


※見れるのは11月はじめまでの限定なので、
 興味ある方は早めに見ておく方がいいですよ。


posted by 転職成功者 at 00:46 | 失業保険 計算 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

失業保険の給付日額の計算

失業保険をいざ貰うことになった。

そのとき、やはり気になるのは、その金額だね。

この失業保険の金額ってのは、

一ヶ月いくらっていうのじゃないんだね。

基本給付日額って呼ばれる一日あたりに貰える金額が

決まってて、

認定日と呼ばれる、失業認定のため日から

次の認定日までの日数をかけた金額になるんだ。

これがだいたい4週間、28日周期で回ってくるので

この「基本給付日額」×28日って感じになるんだね。

ここで、重要なのは、「基本給付日額」。

これ、最初の説明会みたいな日に貰える通帳みたいなのに

記載してあるので、一番にチェックしなきゃダメだよ。

ここ、重要!!

それでこの金額の決定方法なんだけど、

離職票ってのを提出したと思うんだけど、

そこに記載してある、最終の給料の金額から算出されるんだ。

だから、ハローワークに申請に行った日に

最終の給料が振り込まれていないとかなると

暫定的に、基本給付日額の算定基準が1円で計算されて

私の場合だと、1648円/日とかなっちゃった。

でも、よくよく話を聞いてみると、次の支給日までに

きちんと計算されるとのことで、ひと安心。

それと、失業保険の貰える金額の目安だけど、

だいたい、前の会社で貰ってた金額の50%〜80%くらいだね。

20万円くらいもらってたら、およそ15万円くらい。

50万円くらいもらってたら、22万円くらいかなぁ。

目安だけどね。

要するに高い給料の人は50%に近くなっていくって感じ。

それで、基本給付日額の上限ってのがあるから、

100万円もらってたから、たくさん貰えるってわけじゃないんだね。

そんな中で、少しでも多く貰えるように頑張ってみるんだね。

少しでも、多く失業保険をもらって

次の人生の足掛かりにしていこうね。

posted by 転職成功者 at 00:10 | 失業保険 計算 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。